『健康ニュース』ウォーキング始めませんか?

⭐️健康ニュース⭐️15分で効果!?正しいウォーキングの仕方とは‼️

「最近運動不足だからウォーキングしようかな」「ダイエットしたいけどウォーキングって効果あるのかな」と思っている皆さん‼️ウォーキングは特別な道具も必要なく老若男女幅広い層の方が行えるので、美容や健康のために体を動かしたいという方にぴったりですよ✨

ウォーキングでより高い効果を得るためにはただ歩くだけではなく、歩く時間や歩き方など効果を高めるポイントを押さえておくことが大切です😊今日はウォーキングで期待できる効果や歩く際の注意点についてお話ししていきます👍

まずは、ウォーキングによって期待できる効果を紹介します✨
①ダイエット効果
ウォーキングは有酸素運動の1種のため、体内にある脂肪を燃焼させる効果があり、ウォーキングを継続して行うことでダイエットに繋がります👍
②生活習慣病の予防・改善効果
肥満や糖尿病、高血圧症などをはじめ、がんや脳卒中、心臓病なども生活習慣病の1種とされています😓
ウォーキングには、脂肪燃焼効果のほかに血流を促進する効果や血圧や血糖値を抑える効果が期待でき、生活習慣の改善にも繋がるでしょう👌
③自律神経を整える効果
ウォーキングのように一定の動作をリズミカルに行う有酸素運動は、交感神経と副交感神経のバランスを整える効果が期待できます😆また、ストレスや疲れも自律神経の乱れに繋がるためウォーキングによってストレス発散やリフレッシュすることは、良好な体内環境を維持するために効果的です✨ウォーキングを行うと幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されますが、セロトニンには心と体をリラックスさせる効果があるためウォーキングはメンタルヘルス対策としても効果的な運動です👍

では、ウォーキングをするのに効果的な時間帯はいつなんでしょう?
答えは朝です🌅 朝日を浴びながらウォーキングをすることで、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが分泌され、心や体をリラックスした状態にしてくれます。また、朝ウォーキングをすることで自律神経が整い、血流も促進されるため、血圧や血糖値を抑える効果も期待できるでしょう‼️また、朝日をしっかりと浴びると、その14~16時間後には睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されます。メラトニンは自然な眠りを促してくれる効果があるため、質の良い睡眠をとることが期待できます✨

ウォーキングは、一般的に30分程度歩くのが効果的だとされています👍その理由は、セロトニンが分泌されるのが日光を浴びてから15分ほどからだと言われていること、有酸素運動で脂肪の燃焼が始まるのが運動を開始して20分ほどからだと言われているからです‼️

ウォーキング効果を高めるためには①正しいフォームを意識する
② 適切な距離・時間・頻度を心がける
③ 水分補給をしっかりする
以上の点を注意する必要があります⚠️

適切なタイミングで正しいフォームでウォーキングを行うことで色々な効果を得られます✨運動したいけど何から始めたら良いかわからない方はまずはウォーキングから始めてみては如何でしょうか😆

関連記事

  1. 『健康ニュース』下肢静脈瘤とは!?

  2. 『健康ニュース』ロコモって何?

  3. 『健康ニュース』帯状疱疹とは!?

  4. 『健康ニュース』注射針と鍼灸治療の違いって何?

  5. よく走る競技に多い「シンスプリント」とは!?

  6. 『健康ニュース』天気痛って何?

PAGE TOP