『健康ニュース』天気痛って何?

⭐️健康ニュース⭐️
天気が悪くなると頭が痛くなったり、古傷が痛むことはありませんか?
気象の変化によって起こる痛みを「天気痛」と言います🍀

「天気痛」の症状はその人が元々持っていた症状が天気に影響されて現れたり悪化したりするため、頭痛・神経痛の悪化・めまい・肩こり・眠気・気分の落ち込みなど多岐にわたります💦

「天気痛」は、耳の奥にある内耳の気圧センサーが気圧の変化を感知する際に過剰に反応し、それによって自律神経のバランスが乱れて様々な不調を引き起こすことが原因と言われています。
耳のまわりの血行が悪くなると、内耳がむくんで過敏になり天気痛を起こしやすくなります。なので、天気痛が起こりそうな時は内耳の血行をよくすることが効果的な予防法になります✨

「天気痛」には耳のマッサージが効果的です👍
①両耳を手でつまんで上下や横に5秒間引っ張ります。
②手のひらで耳全体を覆い、後ろ方向に円を描くようにゆっくりと5回程回します。

上記の内容をを耳周りがポカポカするくらいまで行いましょう✨
マッサージは症状が出る前に行うのが効果的です✨日頃の習慣に取り入れてみては如何でしょうか😆

関連記事

  1. 『健康ニュース』嚥下トレーニングしてみましょう‼️

  2. 『健康ニュース』自費メニュー紹介第二弾✨

  3. 『健康ニュース』ヒートショックとは?

  4. 『健康ニュース』加湿器肺炎って何?

  5. ‼️第二回健康寿命測定会開催‼️

  6. 『健康ニュース』パソコン腱鞘炎とは?

PAGE TOP