『健康ニュース』正しい姿勢とは?

⭐️健康ニュース⭐️姿勢矯正‼️そもそも正しい姿勢ってどういう姿勢なの?

皆さん周りの方から「姿勢が悪いね」と言われた経験はないですか?
今日はなぜ姿勢が悪くなるのか、正しい姿勢はどんな姿勢かについてお話ししていきます👍

まず正しい姿勢とは、耳垂→肩峰→大転子→膝関節前方→外果前方が一直線に並ぶ姿勢を言います‼️もう少しわかり易く言うと、耳たぶ→肩→股関節→膝→外くるぶしが一直線になる姿勢が正しい姿勢となります👍

では、なぜ姿勢が悪くなるのでしょうか🤔
☆姿勢が悪くなる原因はたくさんありますが、“足を組む” “カバンを片側ばかりで持つ” “パソコン作業の時に画面の高さがあっていない”など日常生活でのちょっとした動作での負担が積み重なる事で起こってしまいます😓体の負担が積み重なった結果、筋肉が上手く働かなくなったり硬くなったり左右のアンバランスを起こしたりして正しい姿勢を保つのが難しくなってきます💦また、脊椎圧迫骨折や側弯症など背骨の病気・怪我によって姿勢が変化してしまうこともあります😭

姿勢が悪くなると、筋肉や関節への負担が増えたり、肩凝りや腰痛・関節痛などを引き起こしやすくなったりします。また、ご高齢に方は、背中が丸くなることによって転びやすくなったり・腕が挙がりにくくなったり・気分が落ち込みやすくなったりすることがあります💦

🍀姿勢が悪くなっているかどうかのチェック法🍀
①壁に背中を付けて立ち、あごを引いて軽く胸を張ります。
②後頭部・肩甲骨・お尻・かかとを壁につけ、腰の後ろの隙間に手のひらがギリギリ入るくらいの状態が良い姿勢の目安です‼️

✨チェックポイント✨
①腰の後ろの隙間に手がすっぽり入ってしまうのなら反り腰(下位交差症候群)の可能性があります😓
②頑張らないと頭~背中を壁につけていられないのなら猫背や顎の突き出し姿勢(上位交差症候群)などの可能性があります😓

では、悪い姿勢を正しい姿勢に改善させるにはどうしたら良いのでしょうか🤔

姿勢が悪くなる原因のほとんどが筋肉が上手く使えていなかったり、硬くなり過ぎていることが多いです💦姿勢を改善させるには、硬くなった筋肉はストレッチなどで柔軟性を持たせ、使えていない筋肉はトレーニングで鍛えてあげる必要があります👍

当院では、筋肉の柔軟性を持たせるためストレッチや手技療法を中心にハイボルトや鍼灸治療を組み合わせて行っています✨使えていない筋肉はパーソナルトレーニングにて細かく指導しています😆

詳しく知りたい方は当院にご相談下さい♪ご来院お待ちしております✨

関連記事

  1. 『健康ニュース』スポーツ障害(野球肘)について!?

  2. 『健康ニュース』光と睡眠の関係

  3. 『健康ニュース』入浴はされていますか?

  4. 『健康ニュース』ストレッチとは?(第一弾)

  5. 『健康ニュース』外側上顆炎(テニス肘)とは‼️

  6. 『健康ニュース』冷え性とは✨

PAGE TOP